Top >  ソウル観光情報 >  韓国グルメ

韓国グルメ

韓国グルメというと、すぐに頭に浮かぶのがキムチやプルコギ、ビビンバ、カルビ、サムゲタンなどですね。キムチは辛いものと思われがちですが、本場で味わうと全く辛くないものもあって、その種類の多さに驚きます。白菜やきゅうり、大根などの野菜、魚介類などどれもとても優れた栄養価を持っており、そのままで食べる以外に様々な料理の材料としても使われていますから、韓国ではぜひ多くの種類のキムチを味わってみましょう。

ビビンバは、ご飯の上に肉や野菜、卵を盛り付けて、唐辛子味噌で調味して混ぜて食べる韓国版丼ですが、本場のビビンバはやはり一味違います。特に焼かれた石の器で出てくる石焼ビビンバは、名の通った有名店でぜひいただきましょう。プルコギは、日本の焼肉よりも甘めのまろやかなタレに漬け込んであり、焼きあがったらサンチュというサラダ菜のようなものに包んで食べるのが一般的で、日本の焼肉とはまったく違った料理として楽しめます。同じ肉料理でも薄切り肉を使ったプルコギとは違い、牛やブタのアバラ肉を使ったカルビ焼肉も有名で、塩焼きカルビや付けタレカルビなど焼き方や食べ方も様々です。

サムゲタンは、雛鳥を丸ごと煮込んだ辛くない韓国料理で、本場のものは本物の高麗ニンジンを入れますから栄養価も高く、滋養強壮にかなり効果があるといわれています。韓国といえば冷麺、と言われるほど韓国冷麺は日本でも親しまれていますが、本場の冷麺には日本で食べるようなあっさりしたスープ以外に唐辛子味噌を混ぜながら食べる激辛冷麺もあります。せっかく本場で食べるのですから、辛さに自信のある方は是非試してみましょう。

ヘムルタンという海鮮鍋も是非味わって欲しい韓国グルメ料理で、新鮮な魚介を絡めのスープで煮込んだ鍋料理です。また、肉とキムチを煮込んだキムチチゲは、日本で食べるものより酸っぱく感じますが、本来チゲ鍋に入れるキムチは醗酵が進んだものを使うことから、本場物は酸っぱいのが普通です。タッカルビは、鶏肉と野菜を唐辛子や水あめで甘辛く炒める料理で、目の前で焼きながら食べるのが本場流です。

ソウルでは、街歩きやショッピングで訪れる明洞や仁寺洞、新村、梨大、狎鴎亭などの繁華街には数多くの韓国グルメのレストランが集中していますから、わざわざ韓国料理を食べるためだけに出かける必要はありません。その日ショッピングや観光をする予定のエリアには必ず数多くのレストランがありますから、食べたい料理のお店を事前に調べておけば、必ず美味しい韓国グルメと出会えることができるのもグルメ都市ソウルの魅力です。

スポンサード リンク

ソウル観光情報

関連エントリー