Top >  韓国・ソウル基本情報 >  ハングル、電圧、他

ハングル、電圧、他

ハングルとは?
「ハングル」とは韓国語の文字のことです。「ハン」は 「大いなる」という意味で 、「グル」は 「文字」という意味です。ハングルは、朝鮮王朝時代に世宗(セジョン)大王が学者を招集して作ったものです。それまでは、漢字が使われていたのですが、もっと簡単に誰でも使える文字を、という目的で作られたもので、母音と子音を組み合わせて音を表し、とてもシンプルな形であることから学びやすい文字になっています。

電圧
110Vと220Vとの2種類が混在しており、主要ホテルなどでは220VでCまたはSE型のプラグが増えていますから、日本の100Vの家電製品の使用には変圧アダプターとプラグアダプターが必要です。主要ホテルでは、変換アダプターなどを用意しているところも多いようです。


ソウルの水道水は飲用可能とはなっていますが、市民の5人に3人は一度沸かした水を利用しているようです。水質も日本の軟水とは違って硬水ですから、なるべく水道水をそのまま飲むようなことはせずにコンビニなどでペットボトルの水を購入するようにしましょう。

ビデオとDVD
ビデオやテレビの規格は日本と同じNTSC方式で、購入したビデオやDVDはそのまま利用することができます。ただし、DVDのリージョンコードは3となっており、日本の2とは規格が異なりますから、リージョンフリーのものを選ぶようにしましょう。

スポンサード リンク

韓国・ソウル基本情報

関連エントリー