Top >  韓国・ソウル基本情報 >  韓国の文化

韓国の文化

近くて遠い国といわれるように、韓国と日本は似通ったところも数多くありますが、文化的には双方に大きな違いもあります。韓国では、昔の封建社会からの習慣が現代にもいまだ残っていることが多々見られますが、それらはやはり今も生活に根付いている儒教からの影響が大きいようです。儒教というと「親や年配者を大切にする」「目上の人を敬う」など、日本でも当然のことですが韓国はよりその精神が強い社会です。

たとえば、食事などのときには目上の人がまず手をつけてから始まりますし、目上の人の前ではタバコはご法度、お酒も実際に口に運ぶところは見せずに隠れるようにして飲む、などちょっと私達日本人には想像のつかないこともあります。もうひとつ大きな違いは、男尊女卑という考え方から、女性から男性に積極的にアクションを起こすようなことはできない風潮があり、そのために女性はいかに自分に対して男性から多くのアクションが起こされるか、ということをとても大きな価値として捉えています。

また、自分の価値を上げるためにも、多くの母親は娘に対し「自分の好きな人より自分を好きな男性を選ぶように」諭します。そうした社会ですから、男性は打たれ強いと言うか、女性からはっきり断られても更にアクションを起こし続け目的を達すると聞きます。そうした社会では、やはり外見第一という価値観を持つ女性も多く、内面的なものより見かけにこだわることから美容整形などがブームになり、今の韓国は美容整形美人が数多く生まれています。空港やホテルなどのサービス部門では圧倒的に若い美人が多いのも、そうした社会の仕組みからなのでしょう。

スポンサード リンク

韓国・ソウル基本情報

関連エントリー