Top >  韓国・ソウル基本情報 >  ソウルの天気/気候

ソウルの天気/気候

ソウルの気候は亜寒帯冬季少雨気候、降水量が少なく大陸性気候の傾向を持ちます。北半球の中緯度にあることから、日本と同様に四季がはっきりしており、夏は酷暑で雨が多い天気が続き、冬はかなり寒くて降水量は少なくなります。また、日本よりも短めですが梅雨もあり、観光のベストシーズンとなるのは春の麗らかな頃か、天気のよい快晴日が続く紅葉の美しい秋でしょう。

ソウルでは、3月下旬頃から少しずつ暖かくなりはじめ、4月中旬頃には桜前線が到達し、桜以外にも連翹(ケナリ)や山ツツジ(チンダルレ)が街の公園で咲き誇って春を彩ります。その頃からようやく暖かくなりますが、大陸からの黄砂現象やフェーン現象が見られるのもこの頃です。6月からだんだん暑くなりますが、6月下旬から7月にかけては本格的な梅雨の季節となり、天気は悪くなり1年の降水量の半分以上がこの時期に降ります。7月中旬から8月中旬までは一番暑い季節となり。海山へ出かける行楽客で賑わいます。

9月になると暑さもひと段落、10月には日中と朝夕の寒暖差が著しくなり、時に長雨や台風の到来もありますが、11月一杯まではほぼ快適で天気もよく1年で一番過ごしやすい季節です。韓国の言葉で「チョンゴマビ(天高馬肥)」という晴天の日が続きます。紅葉は、11月頃からソウル市内の公園でも見られます。12月から3月中旬頃までは、シベリア寒気団の影響で寒さがかなり厳しい季節となり、乾燥していますから冷たい空気が肌を切るように感じられます。

スポンサード リンク

韓国・ソウル基本情報

関連エントリー